オリジナルTシャツを作ってみよう│オリジナリティ衣類メイキング

女の人

シルクスクリーンを利用

洋服

特殊プリント

オリジナル衣類を作る時にはシルクスクリーンを利用する。しかしながら、シルクスクリーンに限らず様々な印刷方法が存在している。手法によって仕上がり感も変化するため、こだわりの見せ所であるともいえる。シルクスクリーンを利用したプリントの中でも、インクに特殊加工を施すことで様々な演出が可能となる。グラデーションやラメを施すことも可能で、また畜光プリントを施すことも可能である。また、シルクスクリーン以外の手法ではカッティングシートを利用する方法もある。指定のデザインにカットしたシートを貼り付けることで、背番号や名前を表現することが可能である。ユニフォームなどに広く利用される方法だといえる。ただし、細かい表現には向かないのがデメリットである。また、特殊なインクを使用してスポンジのような感触のプリントを行うことも出来る。これを発泡プリントと呼んでいる。他には、フロッキープリントと呼ばれるフェルト生地のような起毛生地をプリントする方法もある。特徴として、プリント部分が浮き上がって見えたり、他の記事と違う感触に感じられる点があげられる。また、サイズによってコストが大きく変化するが刺繍でプリントを施すことも可能である。直接縫い付ける方法のみならず、盛り上がったように見せる3D刺繍などを取り入れることも可能である。他にも、スパンコールを縫いつけてきらびやかにする加工も選択できる。さらに、刺繍を行っている業者であればオリジナルパーカーのみならずワッペンやニットキャップなどを発注することも出来る。